銀行と保険業

スイスの銀行、保険、年金基金の分野には、フルタイムで20万4300人が従事しており、その生産高は、国内総生産の約1割を占めている。資産管理の分野で世界の主導的な地位にあるスイスの金融業界は、国内経済、国民への貸付、金融サービス業の基本的な安定を保障している。銀行制度の始まりは、16世紀に遡る。

銀行の金庫
銀行の金庫 © FDFA, Presence Switzerland

銀行は、スイス経済を支える柱である。2018年、銀行の生産高は、国内総生産の約4.7%に相当する約330億に達した 。これに保険業を加えるとスイスの金融業界の生産高は、国内総生産の約10%に達する。

2018年、この分野にフルタイムで従事する人は、約20万4300人で、そのうちの10万5000人が銀行で働いていた。直接的な付加価値と並んで、多様で地域性に富んだスイスの銀行は、国内経済や国民への貸付、その他の金融産業の基本的な安定を保障している。

スイスは、世界で最も重要な金融国の一つである。2017年、スイスは、世界全体の27.5%を占める国境を越えて行う資産管理を行い、この分野で世界一となった。2017年、スイスの銀行は、7兆2920億フランの資産を管理し、そのうちの約半分は国外からの資産だった。

スイスには、約253の銀行がある(2017年)。国際的二大銀行であるUBSとクレディスイスが市場の50%を占めている。残り50%を主に24の州銀行、外資系銀行、ライファイゼン銀行、信託銀行、地方銀行、貯蓄銀行、プライベートバンクが分配している。

起源と発展

スイスの銀行の始まりは、16世紀に遡るが、スイスが重要な金融大国となったのは、第一、第二世界大戦の後になってからのことである。安定、中立、スイスフランの強さ、1934年に導入された銀行守秘義務は、国外からの資産が流入してきた幾つかの要因である。20世紀後半は、スイスの銀行が大きく成長した時期だった。1980年から2005年にかけて、金融産業の純付加価値は、他の分野の成長が1.3%なのに対し、年間約3.5%ずつ増加し続けた。

2007から2008年にかけて、スイスの銀行は、経済恐慌にひどく苦しんだ。安定化と金融市場の透明化(バーゼルⅢ−自己資本規制)に向けた国際的な改革は、スイスの金融市場における新しい統制が促進された。“too big to fail(大きすぎて潰せない)”問題への早急な対応と徹底して国際標準を受け入れたことが金融大国スイスに豊かな未来を保障している。政治的な安定、権利の担保、安定した為替によりスイスは、変わらず世界的に重要な金融大国である。