スイスに暮らす外国人

スイスには全人口の4分の1弱を占める外国人が暮らし、文化の多様性に寄与している。

多文化の子供達が学ぶクラス
多文化の子供達が共に学ぶ学級(ルツェルン州リッタウ) © Andri Pol / Swiss Customs Museum

外国人の割合(25%)が高いことによって、スイスは多文化的な特色を強めている。スイスに暮らす外国人の5分の1以上がスイスで生まれ育った人たちである。

スイスで暮らす外国人で最も多いのが31万1742人のイタリア人であり、ドイツ人、ポルトガル人、フランス人がそれに続く。4分の3以上をヨーロッパ人が占め、遠方の国々からの移住者も年々増えている。

外国人の割合は、都市部と地方、経済圏、国境への距離など地域によってまちまちである。ウーリ州が11%なのに対し、ジュネーヴ州は41%を外国人が占めている。

他のヨーロッパ諸国と比較してスイスは外国人の帰化が少ない。この20年でスイス国籍を取得した人の数は3倍に増え、2015年には、4万0689人を数えた。

 スイス国籍の取得は、少なくとも12年間スイスに暮らした後に可能となり、10歳から20歳までは、その年数は倍にして換算される。結婚相手や両親のいずれかがスイス人の場合は帰化しやすい。